住友3Mが自動車内装向けに低VOC製品群を導入

自動車メーカーのシックカー対策に伴い、自動車メーカーへの部品・パーツ納入メーカーでもVOC削減の対策が進んでいます。

住友スリーエムもVOC削減に取り組む関連メーカーの一つです。


住友スリーエムでは2007年7月から車室内で用いられる両面テープや樹脂製面ファスナーにおいてVOC(揮発性有機化合物)発散量が少ない新製品の導入を開始しました。


自動車業界では、日本自動車工業会が「車室内のVOC低減に対する自主取り組み」を制定し、2007年度以降発売の新型乗用車を対象として適用が開始されています。

その自主取組みをいち早く実現するために自動車メーカーや部材メーカー各社は積極的に対応を進めています。


今回住友3Mで販売される両面テープは、アクリルフォームテープで接着保持力や厳しい温度環境下での耐久性に優れておりVOC発生量も同社の従来品に比べて80%以上も削減しています。

また、着脱自在な樹脂製面ファスナーも同様にVOC発生量を80%以上削減した製品となっています。


住友3Mでは、新製品の導入を機に自動車メーカー、部材メーカー各社が取り組んでいるVOC対策を積極的に支援していく方針を進めています。