シックカー症候群の知識

シックカー症候群の真実

シックカー症候群という症状を初めて聞く人が多いのではないでしょうか?

では、シックハウス症候群は聞いたことがある人は多いのではないでしょう。


シックカー症候群とは簡単に言えば、自動車内でおこるシックハウス症候群みたいなものだと考えればいいかと思います。


シックカー症候群の症状としては、例えば新車購入時に車に乗っていて
 ・頭が痛い
 ・くしゃみが止まらない
 ・頭がぼぉーっとする
 ・関節痛
 ・発疹(痛み・痒み伴う含む)
 ・微熱
 ・めまい
などの症状が頻繁に起こり出したらシックカー症候群を疑ってみることです。


納入したばかりの新車に乗り込んで楽しいマイカーライフを過ごすはずが、子供たちの気分が悪くなったり、体中が痒くなったりなどの体調に異変を感じることとなってしまいます。


そもそもシックカー症候群の名付け親は、環境ジャーナリストで株式会社エコライフ研究所所長の中野博氏と言われています。

中野氏はその著書「新車は化学物質で汚染されている(シックカーは怖い!)」で、シックカー症候群の怖さを取り上げています。


シックカー症候群の脅威は社会的な環境問題としてマスメディアでも取り上げられ、シックハウス症候群やシックカー症候群の原因と考えられているVOC(揮発性有機化合物)についてはトヨタ・日産・ホンダをはじめとする国内メーカーも対策を進めています。

米国環境保護局(EPA)も「車内空気の汚染は5大環境公害リスクのひとつ」としているほど深刻な問題なのです。


もともとはシックハウス症候群の問題を発端に、住環境に関するVOC対策が進められるようになり、自動車の車内環境も問題視されるようになったのでした。

シックカー症候群では自動車の内装に使われる化学物質が原因となって、体調不良や精神の不安定を引き起こすというような症状が発生しそれらが原因で事故にもつながりかねない要注意の症状なのです。


原因とされる化学物質については、厚生労働省が室内濃度指針値を定め、国土交通省が建築基準法の改定により内装材に制限を加えるなど、社会的な対応が進んでいます。

自動車業界もこれに対応しシックカー症候群に関わりが深いとされる13の化学物質を自主規制するなどVOC低減に取り組み始めたのですが、車内で使用されるVOCは約250種類あると言われており「13種類」の自主規制だけでは不十分という声もあります。


そんなシックカー症候群について、予備知識と対応策を知ることであなたのマイカーライフを楽しく健康なものにしましょう。